ファッションがテーマのオススメ映画・ドラマ

更新日:2018年4月25日 配信日:2015年10月7日

著名なファッションデザイナーやモデルをテーマにした映画やドラマを見て、華麗なファッション業界を垣間見よう!

  • Facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • メールでシェア

イヴ・サンローラン

世界的ファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランは2002年に引退、2008年に亡くなる。半世紀もの長きにわたって公私ともに彼を支えてきたパートナーであるピエール・ベルジェは、2人で集めてきた絵画や彫刻などの高価な美術品の数々を競売にかけることにする。それは2人の思い出の品々の行方を自分が死ぬ前に把握しておきたかったからである。その作業のかたわら、ピエールはイヴと過ごした日々を語る。

出典:Wikipedia

ここがオススメ

・イヴ・サン=ローラン本人が出演しているのでリアル

ココ・アヴァン・シャネル

『ココ・アヴァン・シャネル』(Coco avant Chanel)は、2009年のフランス映画。エドモンド・シャルル=ルーの同名小説を原作としたココ・シャネルの伝記映画。

出典:Wikipedia

アグリー・ベティ

ベティ・スアレスは、大学を優秀な成績で卒業した性格も頭もいい女の子。出版業界で働くことが夢であるが、容姿の醜さとファッションセンスの悪さからどこも雇ってくれない。

出典:Wikipedia

ここがオススメ

・ファッション誌とファッション業界の裏側が見える

・ラブコメタッチのストーリーで楽しく観れる

プラダを着た悪魔

名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。しかもその編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。だが、ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

出典:Wikipedia

この記事のライター

カテゴリー